株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 土地活用にクラストを選んだオーナーの声 » 駐車場や工場からマンションへ

駐車場や工場からマンションへ

このページでは、駐車場や工場だった土地にマンションを建てた事例を株式会社クラストのホームページからご紹介します。

クラストのマンションでよりよい土地活用を

景気の先行きや年金問題など、老後が不透明な社会状況にあっても、不況に強いマンション経営は安定した収入を得られるものとして人気があります。

前ページは、農地にマンションを建設したオーナーさんの体験談をご紹介しましたが、ここでは工場や駐車場として利用していた土地の、よりよい活用のために、マンションを建てた例や体験談をご紹介します。

工場跡地をマンションに建て替えたオーナーさんの声

工場からクラストのマンション経営へまず、工場跡地にマンションを建てたオーナーの事例をご紹介しましょう。

このオーナーは、もともと工場の経営者でしたが、工場を閉め、倉庫として活用していたそうです。しかし高速道路の建設や区画整理で街の様相も変わってきて、またご自身が高齢になってきたこともあり、またご家族の後押しもあって、マンション経営を考えるようになったそうです。

「人口が増えて入居者が見込めることからマンション経営を始めましたが、この度、2棟目を建設することになりました」とご自身が語るように、経営は非常に順調なようです。街に人口が増えるような状況(=チャンス)を逃さず、土地を最大に有効活用した事例といえるでしょう。

 

駐車場をマンションにした事例

駐車場からクラストのマンション経営へさいたま市の「アステリ与野本町伍番館」は、外観のハイセンスな3階建ての12戸を備えたマンションです。

もともとは駐車場でしたが、すでにクラストマンションを経営していたオーナーが2棟目として建設しました。

エントランスにはオートロックが完備され、セコムにも対応。オール電化でeco仕様の最新型のマンションに生まれ変わっています。

景気が安定していない時代だからこそ、駐車場や工場、倉庫として活用するのと、マンションとして活用するのと、どちらが利益を得られるのかをしっかりと考慮しなければならないですね。

クラストでは、エリアのニーズを的確に捉え、シュミレーションを行なった上で経営計画を出しているのだそう。まずは相談し、経営収支をしっかりと把握しておくことをお勧めします。

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ