株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 土地活用にクラストを選んだオーナーの声 » 畑など農地からマンションへ

畑など農地からマンションへ

このページでは、畑や農地だった土地にクラストマンションを建設した人の体験談をクラストのHPからご紹介します。

マンションで農地の有効活用を

景気の先行きが不透明な時代にあって、また税制の変化もあり、土地の有効活用を検討している人も多いと思います。マンション経営を行なっている理由としては、次のような理由を挙げる方が多いようです。

  • 老後の安定した収入を得たい。
  • 税金対策のため
  • 家族に財産を残したいから
  • マンションオーナーというステイタスを得たいから

すでに持っている賃貸アパートを建て替えたり、農地にマンションを建てる方も多いのだそう。ここでは畑や農地にマンションを建てたオーナーさんの体験談を2件ご紹介します。

体験談1:畑の固定資産税もなくなりました

畑など農地から、クラストのマンション経営へ市街化が進んでいた地域だったので、畑のままにしておくわけにもいかないと考えるようになりました。せっかく先祖が残してくれた土地ですし、ベストな活用方法を探していたんです。

ただ、リーマンショックの直後だったので、決断するには勇気が必要でした。

現在は、100%に近い入居率を維持できています。マンション建設後は、畑の固定資産税負担もなくなり、収益も安定しているので、将来の安心感が増えたと思っています。

 

体験談2:クラストの説明をしっかり聞いて、理解してから建設を

畑など農地から、クラストのマンション経営へ私は、市街化調整区域に農地を保有していました。いつか市街化区域になったら、この土地を活用したいとずっと考えていたんです。

縁辺集落制度が始まった頃にクラストの営業担当者がやってきて、RC(鉄筋コンクリート)造の賃貸マンションの提案をしてくださいました。

最初のうちは、お金もかかるし、あまり具体的には考えてなかったんです。でも、実際に建物を見学したり、クラストの説明を聞いて、同社の建物や管理システムの良さが理解できました。これなら競争にも強いと判断して、マンションを建設することにしたんです。

このように、土地の有効活用をしたいと漠然と考えていても、実際に行動に移せないでいる方も多いようです。

株式会社クラストでは、無理な営業は一切行なっていないとのことですから、お気軽に問い合わせてみるとよいかもしれません。

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ