株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 株式会社クラストのマンション経営5つの強み » 人気のRC工法を低コストで提供

人気のRC工法を低コストで提供

ここでは、低コストなのにハイパフォーマンスという株式会社のRC工法のマンションについて、調べたことを解説していきます。

クラストが手掛けるマンションは、入居率が非常に安定していることから(首都圏96%、大阪94%)オーナーにも高く支持されているそうです。入居率が高ければサブリース契約などがなくても、常に安定した収入が得られるからです。

どうして、クラストのマンションは入居率が高いのでしょう? その理由は、RC工法を徹底している点にありそうです。

耐震・耐久・遮音にすぐれたWRC工法のクラストマンション

株式会社クラストのRC工法マンションRC工法とは、鉄筋コンクリート造のことをいい、RCとはReinforced Concreteの略です。マンション建築には、鉄骨工法と鉄筋(RC)工法があり、鉄筋がしっかりと組まれたRC工法のマンションは地震に強く、またコンクリートで覆われているため、火災にも強さを発揮します。

またRC造にもラーメン構造と壁式RC(WRC)があり、耐震性、耐久性、遮音性は壁式(WRC)のほうが格段に高いそうです。

クラストのマンション建築は、この壁式、WRC工法を採用しているのだそう。鉄骨が線で支えるのに対し、WRCは面で支えるので耐震性も高く、他の工法の建築物に比較すると圧倒的な長寿命だということです。

また、防音性にすぐれているということは、プライバシーをしっかり守ってくれそうですよね。

さらに、WRC構造のマンションはデザイン性にもすぐれ、それが入居率の高さにもつながっているようです。つまり、空室をつくらないから、安定経営ができるというわけなのですね。

高性能マンションなのに、低コストにできる理由は?

これだけ頑強な、住み心地の良い建物を建てるとなると、当然コストもかかります。これがRC工法の欠点とも言える点です。

ところが、クラストには、長年、公共施設やマンションを造り続けてきた豊富なノウハウがあります。そのノウハウを生かし、すべて自社設計をし、間取りなども規格化されるなど共通仕様にできることから、低コストで高クオリティーのマンションを建てることができるのだそう。

他社に比べて建築費用が少なく抑えることができ、それでいて入居率の高い安心設計のマンションをオーナーさんに提供しているということですね。

メンテナンスで修繕コストも抑えてくれる

クラストの手掛けたマンションは、非常に耐久性が高いことにも定評があります。もともとの建築が非常に強固であるのに加え、豊富な管理実績によるノウハウで、メンテナンスによってさらに長寿命のマンションとなっているそうです。

というのも、もともとメンテナンスや改修のしやすさを設計に織り込んでいるからなのだそう。ローンの返済途中に建て替えることや、大規模な修繕工事などは発生しにくく、修繕コストも非常に低く抑えることができるそうです。

株式会社クラストのマンションは、収益を得られる期間ができるだけ長くなるような、オーナーの視点に立ったマンションと言えますね。。

株式会社クラストのRC工法については、HPで詳しく解説されています>>

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ