株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 土地活用・マンション経営成功のカギ » 一括借り上げのメリット・デメリット

一括借り上げのメリット・デメリット

このページでは、一括借り上げ(サブリース)のメリット・デメリットをクラストの無料管理とも比較して説明します。

一括借上げのリスク

一括借上げ(サブリース)を希望するオーナーがいる反面、最近では一括借上げを望まないオーナーも増えているようです。

一括借上げのメリットは、簡単な管理業務込みで、空室が出たときのリスクを回避できることにあります。しかし、契約更新時に本来設定していた家賃よりも賃料を下げられることも多いのです。

例えば「◯年間一括借上げ」となっていたとしても、2年置きの契約更新がある場合がほとんど。その際、賃料は必ず見直されます。悪質な業者の場合は、最初は高額な家賃を設定しつつ、数年後に大幅に賃料を下げることを目論んでいるのです。

違約金が発生することも

夢を持って望んだマンションオーナーであったのに、このように予想しないケースになってしまった場合、一括借上げを解約したくなるのは当然かもしれません。しかし解約には違約金を支払わないと応じてもらえないケースもあります。

複雑な契約書の中に、そのような項目が明記されていることもあるのです。それは家賃の2年分という法外なこともあります。

また、借地借家法など法の盲点をついて、解約できないケースもあります。自分のマンションであるにもかかわらず、建築費用だけを出し、あとは管理会社が好きに経営をする…そんなイメージすら湧いてしまうような一括借上げを行なっている企業もあります。

なぜ一括借上げをするのか

なぜ一括借上げが必要なのか。それは空室のリスクを防ぐためです。しかし、借り上げたほうは必ず利益が出るような経営をします。そうしなければ会社経営が成り立たないからです。オーナーの為というよりも、会社のためにオーナーに不利な契約をする、そんな企業がないとはいえません。

要は空室を作らなければいいのです。空室の出ない立地、建物であれば、一括借上げを利用する必要はありません。そして信頼できる管理会社を選べば、わずらわしい業務が発生することもないのです。

一括借上げを行っていない株式会社クラスト

株式会社クラストは、無料で管理を行なっています。よって、オーナーにはすべての賃料が入ります。管理費がかからない分、空室がどうしても埋まらない場合は、家賃を下げるという選択肢もあるのです。

とはいえ、オーナーの成功をまず第一に考えていることから、管理の内容は非常に密なものとなっています。入居者募集にしても、不動産管理部門が徹底してあらゆる媒体に告知します。トラブル対応はもちろん、税制に関する相談にも親身に応じています

利益はすべてオーナーのものとなるので、オーナーが払うのは修繕費用のみ。建物管理も行なっているため、リフォームも非常にスムーズです。

クラストにはオーナーが安定して家賃収入を得るシステムがあります。ぜひ他社と比較してみてほしと思います。

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ