株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 土地活用・マンション経営成功のカギ » 資金と税金の話

資金と税金の話

このページでは、土地活用としてのマンション建築&経営を行う場合に必要な資金や資金計画、また土地活用による固定資産税や相続税の節税の基礎知識をご紹介します。

マンション経営と節税

マンションを建てる際、とくに所有する土地にマンションを建てる際は、初期費用はさほど必要ありません。登記費用・火災保険料・事務手数料・修繕積立基金・固定資産税・印紙代といった初期費用は10万円程度必要ですが、あとはローンを組むことができるからです。

より大切なのは、資金計画をきちんと、またできるだけ正確に立てることです。

マンションをローンによって購入し経営する際、支出することになるのは、おおまかに挙げれば以下となります。

  • ローン返済金
  • 管理委託料(クラストの場合はゼロ円です)
  • 共用部分の水道光熱費(共益費用でまかなえます)
  • メンテナンスや修繕費
  • 税金

クラストマンションの場合は、管理委託料は無料30年以上の実績があります。また修繕費用も積み立てでまかなうことが可能です。

家賃、共益費用、駐車場がある場合は駐車場料金、礼金などはすべてオーナーの元に入るしくみとなっているため、収支計画も非常に立てやすい環境だといえるでしょう。

マンション経営で得する税金の種類

税金対策になるマンション経営ですが、新たにかかる税もあります。例えば、印紙税、登録免許税、不動産取得税などが初年度はかかりますし、固定資産税や都市計画税は毎年かかります。

ただし、確定申告によって所得税や住民税が大幅に減額される可能性があります。マンションの減価償却費や借入金利息、管理費、修繕費、固定資産税が経費として計上できるからです。工夫次第で消費税も軽減でき、相続税対策にもなります。

また「相続時清算課税制度」の新設により、資産を家族に移転することで、相続税対策をすることもできます。

とはいえ、税金のしくみは非常に複雑です。資金計画、税金対策は、親身に相談に乗ってくれるプロフェッショナルとしっかり立てていくことが大切だといえるでしょう。

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ