株式会社クラストで行なうマンション経営について調べました

HOME » 株式会社クラストが手がけるマンション建築例 » 狭小土地向け

狭小土地向け

このページでは、狭い土地でも土地活用ができるクラストのプラン「スペース・ワン」について説明します。

株式会社クラストならではの狭小土地用マンション建設

オーナーのニーズに応えるべく、その高い技術力でさまざまなマンション建設を可能にしている株式会社クラスト。

土地の広さや立地条件であきらめていた土地活用の新たな選択肢である「スペース・ワン」プランも好評です。

この「スペース・ワン」を用いれば、木造アパートなみの外寸と間取りで、高品質のRC造マンションを建設することが可能。ミニキッチンや仕切りをなくすことで、広々としたワンルームを実現することもできるのです。

全世帯に駐車場をつけることも!

例えば300平方メートルの土地がある場合でも、自動車が必須の土地の場合、「スペース・ワン」なら全世帯に駐車場を付けることも可能です。3階建てを採用することで1Kを6戸確保し、駐車場だけでなく駐輪場まで確保できます。

対して自動車が必須ではない都市部や駅近郊であるなら、敷地面積はさらにずっと少なくても、住居数を確保することが可能になります。

このように土地の特徴やニーズに合わせ、柔軟に自由設計できるのが「スペース・ワン」の特徴です。最低面積は50坪以下でもOKであることから、老朽化した木造アパートや戸建賃貸をマンションに建て替えるケースも多数みられます。

ワンルームに絞れば建設コストも抑えることができ、災害や地震に強いRC工法を用いることで、木造アパートよりも断然、入居者の人気を集めることができます。

またカウンターキッチンやIHクッキングヒーターといった最新の設備も「スペース・ワン」ならではの魅力となっています。

「スペース・ワン」の建築面積例

利便性の高い地域の狭小地に、高収益を生み出すマンションが建ちました。以下はほんの一例です。

■ 5階建て1DK9戸

  • 敷地面積:165.29平方メートル(50.0坪)
  • 建築面積:79.51平方メートル(24.1坪)
  • 延床面積:280.57平方メートル(84.9坪)

■ 5階建て1DK9戸

  • 敷地面積:165.29平方メートル(50.0坪)
  • 建築面積:89.59平方メートル(27.1坪)
  • 延床面積:312.3平方メートル(94.5坪)

■ 9階建て1R24戸

  • 敷地面積:284.30平方メートル(86.0坪)
  • 建築面積:169.65平方メートル(51.3坪)
  • 延床面積:1294.72平方メートル(391.7坪)

狭小土地向け「株式会社クラスト」のマンション経営プランの詳細はこちら>>

 
ココが違う!株式会社クラストの土地活用をリサーチ